熱血ライター 神山典士がゆく

  • top
  • diary
  • profile
  • works
  • e-Library
  • @the bazzar

« July 24, 2016 - July 30, 2016 | トップページ | September 25, 2016 - October 1, 2016 »

August 08, 2016

北信五岳、戸隠山。「やべ、きつ、こわ」

先週金曜日から長野県小布施に入り、ビアパーティー、文屋スタッフ、
そして木下さんの取材をこなしてきました。
小布施はいいな~。
どこを切っても故郷を愛する人たちの温かさがあります。
9月から始まるサンデー毎日「下山の時代の仕事術」の
初回と二回目は、この町をテーマにした作品になります。

どんな文章が出てくるか、自分でも楽しみです。

その取材を終えて長野市へ。ここでは大学時代の盟友、雫石夫妻が待っていてくれます。
夜はこの町で働く山岸パーさんを呼んでの宴会。
雫夫妻が庭の畑でつくった野菜で大盛り上がり。

そしてそして、翌日が問題なのですよ。
かるーい気持ちが「戸隠でも登ろうか」といって出かけたのですが、
なんとなんと、こんなにきつい山は初めてでした。

とにかく写真でみてください。

Img_5411


Nec_0013_640x480


Nec_0009_640x480

Nec_0015_640x480


Nec_0019_640x480


Nec_0027_640x480

最後、戸隠牧場に降りてきてから振り返ったら、なんと急峻な岩山だこと。
あんなんに張りついていたんですね。
生きててよかった~。

途中蟻のとわたりと呼ばれるナイフリッヂは、立って歩くなんてとてもできなくて、
鞍部に跨がって両足で斜面を挟みながら、
両手で目の前の岩をかきながら進みました。
いわゆる「いざり」ですね。
とほほ。
でも格好なんていってられる状態じゃなかったからね。

後ろを歩く雫の「高原列車」の歌声が消えたあたりから、やばーいムードが漂っていました。

ま、とにかく凄い山だ、戸隠山。素晴らしい山です。
ぜひ挑戦してみてください~。


2016 08 08 [アウトドアスポーツ] | 固定リンク | トラックバック