熱血ライター 神山典士がゆく

  • top
  • diary
  • profile
  • works
  • e-Library
  • @the bazzar

« 子供たちとの夏2015 | トップページ | 2016年新春、いかがお過ごしでしょうか。 »

December 15, 2015

リボンの仲間たちと女川石巻を訪問してきました

暖冬といわれていますが、朝晩は冷え込みますね。
あっと言う間に冬になってしまいました。
ついこの前まで夏山に登っていたのに。とほほ。
みなさんはいかがお過ごしですか?

12月12、13日とリボンの仲間たちと女川石巻を訪ねてきました。
今年は3月の新垣さん仮設集会室コンサートツアー、9月の陸前高田米崎仮設文化祭に続いて
3回目の活動です。

初参加を含む大学生10名をつれて、
女川町議の酒井さん、伊藤さん、猟師の小野寺さん、防災活動を続ける中井さん
観光協会ガイドの阿部さんたちにお世話になって、
復興の様子を見たり聞いたりしてきました。

201512

新装なった女川駅前。商店街ももうじきオープンです。
地主さんの協力があり、震災直後から用地買収が進み、
町のデザイン会議(有識者、行政、町民参加)が用途を決めて、
新しい街づくりをデザインしたそうです。

201512_2

ちなみに女川では、防潮堤はつくりません。
これも早い段階で決定して、県に怒られながらも曲げなかったとか。
その分駅前は嵩上げして、商店街はできますが住居は建てられません。
津波がきそうになったら高台に逃げる。
平時は海とともに生きる。
その方針がぶれずに確立されているのです。
素晴らしい。

201512_3

野球場仮設の集会室で、復興のブリーフィング。
酒井町議、ボランティアでこの街に入り社協で働いていて立候補して初当選した伊藤議員、
NPOアスヘノキボウでインターンをしている高橋さんたちがきてくれました。
ことに大学生たちには刺激的な話だったと思います。
ありがとうございます~。

あ、もちろんタケちゃんもギターで参戦。
ありがと~。
201512_4

201512_5

翌日は「ふるさと御前浜」へ。
高台移転地の造成が進んでいます。
隣の桐が崎では、もうじき住居が完成するようでした。
新しい生活が始まりますね。

201512_6

この地を守る孝子おばちゃんも元気元気。
冬を元気に乗り切ってほしいものです。

そして一路大川小学校へ。
遺族でもある佐藤和隆さんが「51分間に起こったこと」を話してくださいました。

201512_7

帰路のバスの中では、いろいろな感想が出ました。
それぞれの生活にしっかりと持ち帰って、「防災」「組織」「決断」等、
各自で取り組みたいと思います。

みなさんお疲れさまでした。
準備に協力いただいたみなさんも、ありがとうございました~。

東北へはまた来年、伺いたいと思います。
よろしくお願いします~。


2015 12 15 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58805/62873221

この記事へのトラックバック一覧です: リボンの仲間たちと女川石巻を訪問してきました:

コメント

コメントを書く